FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.17(Sat):ウディタゲーム感想
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
エントリー番号【79】
『ダラダラアリの穴掘り迷宮』
製作者:ダラダラアリ様
ジャンル:迷路ミニゲーム
プレイ時間 :5分~

兎にも角にも奥へ奥へと進む壁を突き破れる迷路ミニゲームですね!

ダラダラアリというからにはダラダラ降りてくのかな(´・ω・`)
と思ったら大間違い!

一歩歩くごとにHPが減少し、それがなくなるとゲームオーバーになってしまうので、
そうならないようにうまく回復アイテムを拾いながら時には何もアイテムを拾わず階段へ、時にはHPを消費して壁をぶち破って近道を、中々考えさせられるゲームだったと思います。
一歩一歩しっかりと計画的に歩かないと、すぐにゲームオーバーになってしまいます(*´・ω・)

このゲームもオンラインランキング機能があります。
僕もできるだけ頑張ってみましたが、今回はまったく歯がたちませんでした!(´・ω・`)ショボーン…

ただ迷路はその都度ランダムで生成され、アイテムの落ちている数も0だったりするので、運要素があるかなと思います。
運が良ければどんどんいけるし、
運が悪ければ何階も階段までの間にHP回復アイテムが落ちてないとか:;(∩´﹏`∩);:

「連続で回復アイテムないとかマジでやめれー(*´・ω・)
ポイントなんていらないからHPを・・・」


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そういえば前回の記事でコメント付き拍手でSTGの処理をなぜ照明の影処理に使うのか的なコメントがあったのでお答えしておきます(o・∀・)

昔僕がSTGにおいて当たり判定の処理をsincosを使って絶対距離を算出するという、正確なんだけど、めちゃ重い処理を組んでいたことがあります。

今回この影の処理では光源からの距離に応じて影の有無や濃淡を決定していたのでその処理でsincosを使ったんですよね[壁]ω・`)

今回は光源の数もそこまでたくさんではない分処理もそこまで重くならないのでこの処理方法を使っているということでした(o・∀・)ノ

それではみなさんまたーです。
拍手してくださった方、ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://arkwithsouls.blog.fc2.com/tb.php/68-ee784567
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。